新しい稼ぎ方!不動産投資のポイントと注意点

始める前に考えよう

そもそも不動産投資って?

今回話題にしている不動産投資とはそもそもどのようなものなのでしょう?
耳にしたことはあるけど実際何なのかイマイチよくわからない方もいらっしゃると思います。
不動産投資とは利益を得るために不動産に投資することです。
当たり前ですが、人が多い都市部のが高くなり、地方のが安くなります。
具体的には、最初に自分がいいなと思うアパートやマンションを購入することから始めます。
その買った部屋を自分で使うのではなく、違う相手に売ったり、貸したりすることで収入を得ます。

後ほど詳しく説明しますが、会社勤めのサラリーマンでも、そしてその会社が副業を禁止していようとも、不動産投資は副業扱いにならないこともあり近年注目されているのです。

種類と疑問

先ほども少々説明しましたが、不動産投資の収入の得方としてはふたパターンあります。
一つ目が購入したアパートやマンションを物件の価値が上がる瞬間を狙って他の人に売り飛ばし、買った額と売った額の差額、つまり売却益で儲ける方法と、他人に貸して月々一定の収入、つまり運用利益で収入を得る方法があります。

低リスクで比較的安定した収入を長期で得られるため、運用利益のための投資が主流です。

そこで疑問になってくるのが、もし不動産投資をして誰も借りてくれなかった場合はどうなるのか、ということではないでしょうか。
その場合の維持費なんかのことも気になるのではないでしょうか。
そのあたりのことも後ほど注意点として見ていきたいと思います。


この記事をシェアする